.

 全国津々浦々、お肉屋さんは沢山あるが、そこで働いている

人のソウルフードってなんだろう?を想像してみた、という回。

 私の場合は、圧倒的に

コロッケ

.

だ。これには勿論、理由がある。

 今から20年以上前、当時まだうらいで勤めていなかった時に、

金銭的に非常に苦しい時期があった。結婚したてで、お金もない時に

うらいの親方(現会長)に、

「これ食え。」

と言って貰っていたあの味が、心に沁みたと同時に抜群に美味かったのだ。

 今でもお昼ご飯で時々頂いているが、

「そうそう、この味やわ。」

と、当時を懐かしみ食べている。

 美味しかったのは勿論だが、コロッケに対する考え方も好きに

なった理由の1つ。

 コロッケを頂いたお礼と感想を伝えると、

「うちのコロッケはじゃが芋にこだわってるからなぁ。」

という返事が返ってきて、驚いた記憶がある。

 コロッケと言えば、まあ肉屋の看板みたいなものだし、

肉自慢は数えきれないほど見聞きしてきたが、まさかじゃが芋

を一番に、肉屋の大将が答えるとは思いもよらなかったのだ。

 また、この考えはとても理にかなっている。

 コロッケを構成している中で、最も多いのは、

そう、じゃが芋。それを疎かにして、美味しさは語れないという

スタンスに感銘を受けた。

 私は結構凝り性で、1度首を突っ込みだすととことんやらなきゃ

気が済まないたちなのだが、常識に囚われない、一見すると

奇想天外な取り組みにも見える、うらいのこだわりに

「こんな場所でお肉を極めてみたい。」と思ったものだ。

この辺りが、就職を決めた理由の1つでもある。

.

お店の顔

 全国のお肉屋さんが、ソウルフードにコロッケを選ぶかは

さておき、私の中でコロッケに対するもう一つの想いがある。

それは、【コロッケはお店の顔】

というもの。お肉屋さんの数あるメニューの中で、コロッケは

最も注文しやすいメニューではないだろうか。

 高価なコロッケだと1つ数百円するものもあるが、おおよその

単価は100円までだと思う。おやつや、主菜・副菜と食卓で

大活躍して貰っている。まさにお店の顔だ。

 最も手軽という事は、最も多くの方に自社の製品の中で

召し上がって頂いているという事実であり、それがお店の

印象に繋がるはず、という私の理論。

 自社の製品の中で、利用者への接触頻度が高い

こういった製品をぬかることなく、期待通りの味で提供する

事がお店の格にも繋がると考えている。

 また、この考えの元、他社さんを見学する指標にもしている。

コロッケ不味い店=ダメな店

これは割と通用する理論で、良いお店、繁盛店はコロッケに対し

抜かりが無い、というのが私の実感だ。

 そういえば以前、神戸牛生産の重鎮で私も大変お世話になった方が、

「美味しい肉屋はコロッケが美味い。」と豪語されていたのを

思い出す。あそこの肉屋は~なんて、コロッケについて熱く語って

いた。それぞれの肉屋事情にも精通していて、生産者だからこそ

知り得る情報もあったのだろう。

 このお方が、こんな情報も仰っていた。

「あそこの肉屋はなぁ、北海道の炭鉱跡で種イモを熟成させて

コロッケにしよる。だから美味いんや。」

 そのお肉屋さんとは、恐らく兵庫県下で最も大きいY畜産さんで、

現在は解らないが当時はそのようにしていられたそうだ。やはり、良い

肉屋はコロッケに抜かりが無い。

 因みに、和牛うらいでもじゃが芋の熟成は行っていて、これは会長の

信念でもある、

コロッケで大事なのは芋

を今も守り、進化させているからである。

.

.

 さて、この私がコロッケに抱いている感情は、当時の体験と

共に深く記憶に刻まれているのだが、ここまで重くなくとも

会社のみんなは、「ソウルフードと言えば?」と聞いたら、

コロッケです と答えてくれるのだろうか。。。

 今度、アンケートをしてみようと思った次第である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です